川村「楽園の海案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。よろしくお願いします。きょうは「海の人気者を探せ」です。」

長田「今回は、水納島周辺で映画で人気になった海の人気者ことナンヨウハギを探して潜ってきました。」

川村「色鮮やかでキレイなお魚ですよね。果たして、見つかったんでしょうか。ご覧ください。」

長田「本部半島にある渡久地港に停泊しているアンバージャック号に乗り込んで出港します。」

川村「天気がとてもいいですね。」

長田「台風心配だったんですけどね。水納島まで、あっという間に到着しました。こちら、水納島のとあるポイント。」

川村「船から海底が見えるくらいきれいですね。」

長田「さっそく潜ってみましょう。水深5mから、水底を見下ろすと・・・」

川村「ダイバー方々が集まってますねー。」

長田「ダイバーの居る水深は、20mですよ。」

川村「そんな深いところにいるんですか!」

長田「そこまで深く潜ってるように見えないですよね。透明度がいいのも水納島の特徴です。私も水底まで降りていくと・・」

楽園の海 海の人気者を探せ!

川村「小さなお魚が凄い数いますね。」

長田「はい、【根】にはやっぱり魚がたくさん。」

川村「この中にナンヨウハギがいるんですかね?」

長田「はい、地味な色の魚が多い中、いましたいました。人気者のナンヨウハギです。」

川村「あっという間に発見ですね。青い体が色鮮やかでキレイです。」

楽園の海 海の人気者を探せ!

長田「潜って5分ほどで発見しました。2匹いますが、体長7cmほどのまだ子供。成魚は16cm。このようにサンゴを住処とするのは、子供までなんです。」

川村「そうなんですね。ナンヨウハギ以外のお魚もいっぱいいて過ごしやすそうです。」

長田「サンゴだけでなく、たくさんのキンメモドキにも守られているように見えますね。いい場所見つけましたね。成魚になるまで、ここで暮らすと思いますよ。」

川村「形のよい枝サンゴもあるんですね。水深20mでも、枝サンゴがちゃんと育つんですか?」

長田「透明度がいいから、深くても光合成が出来るようです。」

川村「なるほど、そうなんですね。あれ?魚の後ろにいるこの方、もしかして長田さんですか?」

長田「はい。最近マイブームの水中自撮り。気持ち良さを体で表現してみました。」

川村「とっても楽しそうですね。」

楽園の海 海の人気者を探せ!

長田「小魚たちは、迷惑そうにしてましたが。水深20mから見上げる太陽は、神秘的。サンゴに小魚たちが群れる姿を眺めていると、何時間でもこの場にいたいって、本気で思いました。」

川村「太陽の光がとてもキレイです。これは何時間でも見ていたくなります。さて、別の場所に移動しましたね。」

長田「水納島の別のポイントに潜ってみました。固定したカメラの先には・・」

川村「わ、ここにもいたんですね!可愛いー」

長田「小さなサンゴに15匹ほどの可愛いナンヨウハギたち。フタスジリュウキュウスズメダイと仲良く同居してました。」

川村「近づいても逃げないんですか?」

楽園の海 海の人気者を探せ!

長田「そうですね、驚かさないように近づけば、目の前で観察出来ます。大きな魚が来れば、すぐサンゴの隙間へ隠れます。」

川村「ホントですね。すばやくさっと隠れてますね。」

長田「ナンヨウハギのこういうところも可愛いですよね。この日3カ所潜って2カ所でナンヨウハギを目撃出来ました。」

川村「やっぱりナンヨウハギは可愛いですね。どんな所で見られるですか?」

長田「成魚は流れのある外洋で。子供たちは、砂地にサンゴがあるようなポイントで、比較的簡単に見つける事が出来ます。」

川村「私も、潜る機会があったら是非海の人気者に会いたいです!きょうはありがとうございました。以上楽園の海でした。」