QAB・ベトナムドラマ制作で市長に要請

QABでは、この秋ベトナム国営放送と共同でドラマを制作、撮影などの協力を那覇市に要請しました。

ドラマは、ベトナムから沖縄に留学してきた男性と沖縄の女性との心の触れ合いを軸に、沖縄の自然や文化、県産品など観光の魅力を伝えるもので国際交流と、ベトナムの観光客の誘致を目的に制作されます。

城間那覇市長を訪ねたQABの上里社長らはドラマの冒頭、「那覇大綱挽」の会場で主人公が出会うシーンなどもあることから、市内での撮影に協力を求めました。

城間市長は「ドラマを見た若い人たちの心を掴み彼らが沖縄の海や空、那覇の街に興味を持ってくれたら」とドラマへの期待と協力を示しました。

ベトナム国営放送と日本の地方局が共同制作に臨むのは初めてのことで2016年10月に両地域での撮影をおこない2017年1月から3月にかけ放送される予定です。