16-07-26-02

那覇市と中国・福州市の友好都市締結35周年を記念して、25日から福州市の訪問団が那覇市を訪れています。

25日は福州市からやって来た訪問団20人が城間市長と面談しました。

中国・福州市と那覇市は、かつて琉球と中国の交流拠点として栄えてきた歴史を後世に残し、新たな関係を築いていこうと、1981年から交流を進めています。

訪問団を代表して人民対外友好協会の何・静彦副会長は、「今後も様々な分野で交流し、相互理解を進めていきたい」と挨拶しました。

訪問団は福州市の伝統的な庭園が再現された福州園にサルスベリを植樹し、友好の絆を深めていました。