16-06-19-01

元アメリカ兵の軍属による女性殺害事件に抗議する県民大会が、19日午後2時から始まります。

20歳の女性の遺体発見、そして軍属の男の逮捕から19日にちょうど1ヵ月を迎えます。

このあと午後2時から大会が行われる那覇市の奥武山公園陸上競技場では、準備が行われています。今回の県民大会はもちろん、女性を追悼し、事件に抗議し、そして再発防止を求めるものですが、今回初めて、大会決議案に「海兵隊の撤退」という強い文言が加えられました。

戦後、延々と繰り返されてきたアメリカ軍関係者による事件・事故への怒りの声が、改めて頂点に達したといえます。

開場前に集まった参加者は「これは沖縄だけの問題じゃない」「戦後70年で(事件は)何度もあるよ、沖縄の人をばかにしている」と声を荒げました。

大会は、午後2時から1時間の予定で行われ主催者では、5万人の参加を見込んでいるということです。