15-12-07-004

スタントマンが再現した交通事故衝撃の強さが伝わってきました。

自転車事故の怖さを実感し交通ルールやマナーについて考えてもらおうと知念高校交通安全教室が開かれ生徒およそ1000人が参加しました。

交通安全教室では車と自転車の衝突や、左折するトラックに自転車が巻き込まれるといった様々な場面が再現され、衝撃の大きさに高校生たちも驚きの表情を浮かべていました。

生徒は「自転車に乗る時とかは左右と後ろを確認して、車両との接触がないように気をつけたいと思いました」や「ヘッドホンやイヤホンをしないで運転することも大事だし、車が通ったりするときに左右の確認が最も大事だと思いました」などと話していました。

与那原警察署交通課・志良堂貴課長は「軽快な乗り物ですけども道路の右側を通行したり、歩道で速度をだしたり、そういった運転は厳に慎んでいただきたい」と話しています。

県警では、自転車は被害者だけでなく加害者にもなり得る点にも注意してほしいと話しています。