15-12-07-03

宮古島の振興や平和について考えるきっかけにしようと、6日に市民らが伊良部大橋を渡って平和を訴えました。

このイベントは、宮古島市議会が陸上自衛隊などの早期配備を求める陳情書を採択したことを受け、市民団体などが危機感を訴えるとともに改めて宮古島の発展と平和を考えるきっかけにしたいと実施しました。

主催者側は「市民の中にもいろいろな意見があるが、沖縄戦をみると基地のある島は狙われるという歴史があることを改めて考えてほしい」と呼びかけていました。

およそ130人の参加者は、激しい雨が降る中、シュプレヒコールを上げながら伊良部大橋を歩いていました。