台風15号はあさって八重山に最接近か

非常に強い台風15号は勢力を維持したまま、22日以降、八重山地方に近づきそうです。早めの台風対策が必要です。

非常に強い台風15号は、21日午前9時現在、フィリピンの東の海上にあって、ゆっくりとした速さで西に進んでいます。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートルです。

台風はこの後も勢力を維持したまま、次第に進路を北向きに変える見込みで、23日に八重山地方にかなり接近するおそれがあります。八重山地方では22日昼前から強い風が吹き、明け方から海上も大しけとなる見込みです。

この台風の影響で本島と離島、石垣と離島を結ぶ船の便に一部欠航が出始めています。

台風は24日にかけて本島地方にも接近するおそれがあります。早めの台風対策を心がけてください。