安保法案に弁護士ら抗議のデモ行進

集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案に反対し、3日に那覇市で弁護士らがデモ行進をしました。

沖縄弁護士会が主催でデモ行進をするのは1985年の国家秘密法案以来30年ぶりで、参加者は「憲法に決定的な破壊の打撃を与えるような法案」だと抗議の声を上げました。

参加した女性「憲法9条で守られてきた今の時代をちゃんとこの子ども達や世代に引き継げるように。そのために活動できることをするのが私たち今の大人の責任かなと思って」と話し、参加した男性「ほんとに踏みとどまってほしい、何とか止まってほしいというのが本当に率直な気持ちです」と話していました。