名護市議会が沖縄防衛局に要請

辺野古新基地建設の環境への影響を話し合う委員会は、透明性に疑問があるとして、名護市議会が、議事録と審議の公開を求める意見書を沖縄防衛局に提出しました。

議員らは、辺野古新基地建設に関する環境監視等委員会は、全て非公開で進められている上に、沖縄防衛局により説明資料の一部が改ざんされるという事態も生じていて、委員会の透明性に疑問があるとして、審議を公開するよう求めました。

さらに、議員らは、意見書を委員会に提出するよう要請しましたが、沖縄防衛局の沼尻調達部長は「上司に報告する」と答えるにとどまりました。市議会は、委員会に対し、辺野古の現地調査の実施も求めています。