竹富のリゾート開発計画に島の住民らが反対の陳情

竹富島で、島の住民の理解を得ずにリゾート開発計画が進められているとして、23日、事業中止を求める住民らが1万人を超える反対署名を持って県議会に陳情しました。陳情したのは竹富公民館長など竹富島の住民らです。

竹富島では現在、コンドイビーチ近くにコテージなどを備える宿泊施設の開発計画が持ち上がっています。

竹富公民館によりますと、事業を計画している那覇市の業者は、2014年に地元での説明会を2回実施し、計画に理解を求めましたが、島の3つの集落は計画への反対を決議するなど業者と対立しています。

23日、竹富公民館の上勢頭篤館長は「2回だけの話合いなので、まだ心は通じていません」と話していました。

竹富町では景観条例による審議会を開くことにしていて、審議の行方が注目されます。