15-04-23-02

那覇市内の中学校でインフルエンザによる集団感染が発生し、4月22日から3日間臨時休校となりました。那覇市保健所では手洗いうがいの徹底を呼び掛けています。

インフルエンザの集団感染があったのは、那覇市内の中学校で、先週末から20日にかけて感染者が生徒の15パーセントにあたる112人に上ったことから、22日から3日間臨時休校としました。

那覇市保健所によりますと4月13日から19日の定点医療機関あたりのインフルエンザの患者数が前の週よりも増加していることから地域的な流行もあるとしています。市の保健所では、「今後も手洗いうがいの習慣を続け、感染予防に努めてほしい」と呼びかけています。