「火の鳥ニッポン」の愛称で知られる全日本女子バレーボールチームが23日から沖縄で初めての合宿にはいります。県庁を訪れたのは真鍋政義監督やキャプテンの木村沙織選手らメンバー14人です。

全日本女子バレーボールチームが沖縄で合宿を行うのは初めてで、翁長知事は「みなさんを一目見るだけでも子ども達は感激すると思います」と選手らを歓迎しました。

そして記者会見で、真鍋政義監督は「2015年はここ沖縄からいよいよ我々火の鳥ニッポンが練習を再開するということで、世界一に向かって挑戦していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」と意気込みを語りました。

チームは23日から3日間合宿を行い、24日には公開練習やバレーボール教室なども予定されています。