「ひかりの風景」コンテスト

電気の光が持つあたたかさや華やかさなどを表現した写真のコンテストが開かれ、高校生の作品が大賞を受賞しました。

このコンテストは沖縄電力があたたかさや華やかさ、安心感といったイメージをアピールしたいと企画したもので、ことしは「暮らし」「夜景」「沖縄」の3つがテーマです。

今回は一般部門とジュニア部門に1117件の応募があり、大賞には、親戚のクリーニング店の作業場を撮影した浦添工業高校1年生の佐和田星さんの作品が選ばれました。

佐和田さんの作品はテーマの光を意識して、働く人の表情をうまく捉えていることが評価されました。