15-02-25-005

政府がアメリカ軍への提供を決めた北部訓練場のヘリパッドでオスプレイなどが訓練を行う様子が確認されました。

訓練の様子が確認されたのは北部訓練場のN4と呼ばれるヘリパッドです。映像を撮影した住民らによりますと25日午前11時20分頃、オスプレイ1機が、およそ40分間にわたりヘリパッドで離着陸訓練を行いました。

また、24日午後6時半ごろにはCH53ヘリコプター1機が、およそ30分間、離着陸訓練を行いました。住民たちによりますと、ヘリパッドがアメリカ軍に引き渡された後、使用を確認したのは今回が初めてだということです。

高江での抗議活動に参加する男性は「(ヘリパッドは集落に近く)すぐに住民の生活を脅かす場所なので、許せない」と話していました。

東村議会は、ヘリパッドを使用させないよう沖縄防衛局に求めたばかりで、本格的な運用開始について住民たちからは、強い抗議の声があがっています。