15-01-26-01

翁長知事は辺野古の埋め立て承認の手続きに、法的な瑕疵がなかったかを検証する第三者委員会を、今週発足させることを発表しました。

翁長知事は「検証作業は可能な限り、速やかに完了していただき、委員会として、検証結果を取りまとめた上で、報告していただきたいと考えております」と話しました。

委員には、弁護士の大城浩さんと當真良明さん、田島啓己さん、それに沖縄大学名誉教授の桜井国俊さんなど6人が選ばれています。来週には一回目の会合を開く予定で、結論の時期については、4月から6月を念頭に早急に求めたいと述べました。

一方、辺野古での工事が、着々と進められているのを受けて、26日中にも安慶田副知事が沖縄防衛局に対し、委員会の結論が出るまで、辺野古での作業を見送るよう求めることを明らかにしました。