15-01-25-04

地域に根差したクラシック音楽の普及や裾野拡大の活動に贈られる志鳥音楽賞で、声楽家の翁長剛さんが受賞しました。

今年(2015年)で21回目となる志鳥音楽賞の授賞式は、22日に東京で行われました。受賞した翁長さんは、バリトン歌手としての個人の活躍とともに、沖縄で定期的にイタリアオペラの公演を企画し、情熱を持って沖縄の音楽文化発展に大きく貢献したと高く評価されました。

三善清達選考委員長「沖縄の地でオペラをやる。これは本当に大変なことなんですね」受賞した翁長剛さん「どんなに頑張っても、中央から注目されることはないだろうと思って活動を続けていたんですけども」「ほんとに何と言っていいか、嬉しかったんです」

志鳥音楽賞の沖縄からの受賞は初めてです。