名護市議会は19日の本会議で、日米政府へ辺野古への新基地建設断念を求める決議案を、賛成多数で可決されました。

名護市議会に提出された、決議案では、県知事選と衆院選で、辺野古への新基地建設に反対する候補者が勝利したことで、「多数の民意が揺るぎないものであることが示された」と訴えています。

そして、県民大多数の民意を押しつぶすようでは民主主義国家としてその根本が問われると述べ、辺野古への新基地建設断念や、普天間基地の閉鎖、撤去についてアメリカ政府と速やかに交渉することを求めています。

決議案と意見書案は、賛成多数で可決されました。