沖縄の本土復帰前、交通安全を呼びかけるため県内各地に建てられた人形「SONY坊や」。このうち、西原町にあるSONY坊やが、サンタクロースに変身しました。

このSONY坊やは、さわふじ中央通り会のメンバーが地域を盛り上げようと、クリスマスを前に衣装を着せたりイルミネーションを設置したりしています。

さわふじ中央通り会の与儀勇雄会長は「交通安全も図れるし、さわふじ通り商店街の活性化、また子どもたちに夢と希望を与える」と話していました。

12日の点灯式では一面に柔らかい光が灯り、SONY坊やの愛らしい表情が見る人の心を和ませているようでした。