「那覇ハーリー」「那覇大綱挽き」と並んで那覇市の三大祭りのひとつとされている「琉球王朝祭り首里」が開かれ、首里城下を練り歩く古式行列が再現されました。

秋の恒例の行事なっている「琉球王朝祭り首里」は古くからの伝統や文化を継承していこうと始まったもので、2014年で49回目を迎えました。

この祭りの最大の見どころとなっている「古式行列」は琉球国王が正月3日に首里城下にあった3つの寺をまわって五穀豊穣と国の安泰を祈願した様子を再現したものです。

首里城を出発した行列は路次楽の響く中、首里城周辺をゆっくりと練り歩いていました。沿道には行列を見学しようと沢山の観光客や地域の人たちや集まり、琉球王朝時代にタイムスリップしたような光景を楽しんでいました。