地方自治や教育文化、産業や福祉など、様々な分野で県の発展に尽力した人たちに贈られる県功労者の表彰式が那覇市で行なわれました。

県功労者には、沖縄の地方自治や文化・学術、伝統芸能などの分野で顕著な功績のあった人たちが選ばれます。

2014年度は県選挙管理委員会の委員長を務め、県民の選挙に関する意識高揚などに尽力した阿波連本伸さん(76歳)や国指定重要無形文化財である「琉球舞踊」の技能保持者として後継者の育成などに貢献した谷田嘉子さん(78歳)など、8つの部門で12人が表彰されました。

スポーツ振興部門で表彰された比知屋義夫さん(84)は「家庭や職場、地域のなかで多くの人に支えられてきた。今後も継続して活動し発展のために励みたい」と授賞の喜びを話しました。