11月1日、県特別支援学校音楽発表会が開催されます。発表会に参加する生徒たちの練習も大詰めを迎えています。

浦添市にある鏡が丘特別支援学校では、27日も、中学1年から3年までの生徒たち5人が、キーボードの合奏練習に励んでいました。「キーボードをみんなで合わせて弾くのは初めて」という生徒たちですが、音楽会に向け、週2回の練習を続けてきたことで、発表曲「さんぽ」と「世界中のこどもたちが」の2曲をテンポよく弾けるようになりました。

鏡が丘特別支援学校中学3年の高橋樹仁亜さんは「(最初は)慣れてなかったけど、だんだん弾けるようになってよかったです」また中学2年の高橋博貴さんは「とっても緊張していますけどみんな頑張ってきたので存分に発揮して、ガッツポーズができるように頑張りたいです」と話していました。

県内の特別支援学校の生徒たちが出演する音楽発表会は、11月1日、沖縄市民会館大ホールで開かれます。