大型で非常に強い台風19号は、勢力を維持しながら北上を続け、10日昼前にも本島地方と大東島地方が暴風域に入る恐れがあります。台風19号は、10日午後3時現在、沖縄の南にあって、1時間に15キロの速さで北上しています。

中心の気圧は、920ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は、50メートル、最大瞬間風速は、70メートルとなっていて、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

今後台風は、勢力を維持しながら北上を続け、本島地方は11日明け方から大東島地方は11日昼前に暴風となる恐れがあります。また、11日午後6時までの24時間雨量は、多いところで200ミリを予想していて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に厳重に警戒してください。

台風の接近に伴い県は10日午前、災害警戒本部を格上げし、災害対策本部を設置。仲井眞知事を対策本部長として、台風18号で、高波による人的被害が発生したことを踏まえながら、今後24時間体制で災害対策や情報収集にあたることを確認しました。

また、台風の影響で、海の便は本部町と伊江島を結ぶ10日午前中の3便を除き、沖縄本島と周辺離島を結ぶすべての便が欠航となっています一方、空の便は、10日午後から、那覇空港と本土や大東島を結ぶ便など合わせて20便が欠航。2200人余りの利用客が変更を余儀なくされています。さらに一部の航空会社は、すでに11日の欠航も決めていて、生活への影響が出始めています。