県知事選挙は今月30日の告示を前に、すでに選挙戦が熱を帯びつつあります。仲井眞知事の後援会のメンバーが8日、同じく知事選へ立候補を表明している翁長雄志さんの事務所を訪れ、公開質問状を手渡しました。

公開質問状は、普天間基地移設の具体的な方法や「オール沖縄」についての疑問、埋立てに対しなぜ「白紙撤回」が言えないのかなど5項目について質問しています。

これに対し翁長氏の事務所では、告示前の段階で公開質問状を出すのはおかしいと述べ、又吉民一事務局長が「我々が公開質問状に対してお答えしたら、全文載せるということも確約してもらってよろしいですか?」と質問状を持ってきた仲井眞知事後援会の奥間亮議員へ聞くと「今、確約することはできません」と答えていました。

仲井眞知事後援会では回答の公開方法はまだ決めておらずまた、翁長さん以外に公開質問状を送ることは検討していないということです。