政府が進める辺野古への基地建設に向けたボーリング調査の中止などを求め、25日、県内の有識者らが緊急声明を出しました。

声明を発表したのは、琉球大学の我部政明教授や沖縄大学の新崎盛暉名誉教授など県内の有識者ら25人です。声明では、辺野古への基地建設は、沖縄を恒久的に基地化するもので認められないとして日米両政府に対しボーリング調査の中止と計画の断念、普天間基地の即時閉鎖と早期返還などを求めています。

琉球大学の我部政明教授は「沖縄の人がこれ(辺野古への基地建設)に対する態度、判断というのを示すべきではないか。こんな風に声を上げることによって、日本全国、この問題がより多くの人の問題として感じてほしい」と話していました。

我部教授らは10月18日、沖縄国際大学でシンポジウムを開催する予定です。