4日にアメリカ軍のハリアー攻撃機が緊急着陸した事故で、嘉手納基地を抱える3市町でつくる三連協が沖縄防衛局に抗議しました。

22日に防衛局を訪れた嘉手納町の當山宏町長ら三連協のメンバーは、今回の事故について「周辺住民への安全対策に対する配慮が欠如していると言わざるをえない」と抗議したうえで、AVハリアー攻撃機の嘉手納基地での訓練の禁止、事故原因を徹底究明し速やかに公表するよう要請しました。

防衛局の小柳真樹局次長は事故は遺憾としながらも、訓練は技能の向上と即応体制を維持するため必要であり、日米安保の観点からも重要だとして、アメリカ軍に飛行訓練の禁止を申し入れるのは困難だと回答しました。