22日から沖縄を訪れている江渡聡徳防衛大臣は糸満市の平和祈念公園を訪れ、沖縄戦の犠牲者に祈りを捧げました。

就任後初めて沖縄を訪問している江渡防衛大臣は23日には糸満市摩文仁を訪ね、戦没者墓苑で花を手向けたあと平和の礎に向かいました。自身の出身地である青森県の刻銘版の前で江渡防衛大臣は、県の職員から「礎は世界に向けて平和を発信する波がコンセプト」などの説明をうけながら、神妙な表情で祈りを捧げていました。

江渡防衛大臣はこのあと普天間基地視察に向かい、23日午後には沖縄本島を上空から視察します。