那覇市国際通りの顔として県民に親しまれてきた百貨店、沖縄三越本店が、21日閉店し57年の歴史に幕を下ろしました。

最後の営業日となった21日、沖縄三越は朝から多くの人で賑わい、来客数は21日だけでおよそ1万8千人にのぼりました。

店を訪れた客はそれぞれ「私あの、大越の時からのお得意さんなんですよ」「これでもう買い納め」と感慨深げに話していました。

午後7時40分、最後の客を見送った後、多くの客が見守る中店舗前では閉店セレモニーが行われました。沖縄三越の杉山潤治社長は「本当に57年間、ご愛顧賜りまして誠にありがとうございました」と挨拶し集まった客の前で深くお辞儀をしました。

シャッターが静かに下りると客の中からはすすり泣く声も聞こえ店舗の画像を撮ったり三越のマークをなでたりするなど、多くの思い出が残るデパートとの別れを惜しんでいました。