県内の学生がアジアの国々で就業体験などをする、「海外ジョブチャレンジ」の出発式が1日那覇空港で行われました。

この事業は、県内の大学生などを対象に、アジア各国の日系企業や現地の大学などを訪問し、国際感覚を養ってもらおうと企画されていて今年で3年目です。

1日の出発式には香港、ベトナム、インドネシアに出発する36名が参加しました。インドネシアへ向かう男性は「海外の仕事を見てから自分が将来就職するときにどんな風に職を選んでいかを(考える)その経験になればいいと思っています。」と話しました。

参加者たちは、9日間の日程で、各地の旅行会社やホテルなどで研修を受けます。