武田防衛副大臣は22日に佐賀県の古川知事と会談し、普天間基地を辺野古に移設するまで、暫定的に佐賀空港を利用したいと伝えました。

22日に佐賀県の古川知事と会談した武田防衛副大臣は、来年度に自衛隊が導入を予定しているオスプレイを佐賀空港に配備したいと要請しました。さらに副大臣は「暫定的に辺野古が完成するまでの間、佐賀空港を利用させて頂くことも考えております」と述べ、沖縄の負担軽減策として、普天間基地のオスプレイが暫定的に佐賀空港を利用する可能性があると伝えました。

この要請について仲井眞知事は「(政府も)オスプレイをなるべく早めに分散、拠点も含め分散するという方向を理解して頂いている。その一歩ではないか」と話しました。

一方、名護市内では「本質的な軽減にはならない。特に辺野古の基地を推進するため、取りつくろっているにすぎない」と話し、また、那覇市内でも「あっちにやっても迷惑だし、こっちにいても迷惑だしね」といった声が聴かれました。