シルクの布に南国の風景を描いた絵画展が那覇市のデパートで開かれています。

この絵画展は兵庫県出身の画家、太田久代さんが旅した南国の様子をシルクに染料で描いたものです。会場には沖縄の風景や海外を描いた作品50点が展示されています。

竹富島の真っ白なサンゴと日差しがまぶしく輝く様子を描いた作品や石垣島川平湾の真っ青な海の色や魚やサンゴがポップに描かれた作品など沖縄のゆったりした時間と心地よい風を感じる作品が並んでいます。

絵画展は7月14日まで三越美術ギャラリーで開かれています。