7月4日の県議会一般質問で仲井眞知事は4年前の知事選での公約について、「県外移設」は1つの手段だとの考えを示しました。

県民ネットの玉城義和議員は、4年前の知事選では普天間基地の移設について県内か県外かが争われ、仲井真知事は「県外」を公約にしたのではなかったかと質しました。

仲井眞知事はこれに対して「県外か県内かだったというのは議員のお考えですよ」「県外に移動させるというのも一つの大きな手段ですし、県外だけにとどまらずいろんなことを手段として考えてやっていくということですから、県外そのものが目的ではない、手段ですから」と答えました。

知事はまた、県内移設にNOと言ったことはないとも述べ、県外移設が目的だったわけではないことを強調しました。