1日、政府が辺野古での工事に着手したことについて仲井眞知事は2日、「極めて安全な基地で代替施設を完成するというのは政府はその方向に進めざるを得ない」との認識を示しました。

2日の県議会一般質問で仲井眞知事は、狩俣信子県議が辺野古での工事が始まったことについて見解を質したのに対し「代替施設を、政府が向こうに作りたいという目的はこれはこれとして、極めて安全な基地で代替施設を完成するというのは、これはそういう方向に進めざるを得ないんじゃないですか?政府は」と答えました。

また、自身の埋立承認については「法に則って処理した」との従来の見解を繰り返しました。仲井眞知事は政府の集団的自衛権の行使容認を巡っては、「閣議決定は法整備を進めていくうえでの論点を示していて、今後の法整備の過程で国会の審議や、丁寧な説明を受けなければ答えにくい」と述べるに留まりました。