4月に沖縄を訪れた観光客の数は56万5600人と、19カ月連続で前の年を上回っています。

県によりますと、4月に沖縄を訪れた観光客の数は56万5600人で、2013年の4月に比べて9.5パーセント増加。19か月連続で前の年の同じ月を上回っています。

国内からの観光客は49万人あまりと5.4パーセントの増加。大阪・名古屋方面を中心に好調に推移し、鳥取県の米子と那覇を結ぶ路線の新規就航も増加の要因となっています。

また、外国からの観光客も航空路線が拡大したことを受け、48パーセント増加の7万3900人となっています。