3月20日で、地下鉄サリン事件から17年が経過します。県警では、残る2人の指名手配犯の検挙に向けて、チラシを配るなど、広報活動を強化しています。

地下鉄サリン事件に関わったとして指名手配されているのは、高橋克也容疑者と菊池直子容疑者です。県警では、3月をオウム真理教関係の指名手配犯の広報重点期間としていて、8日朝モノレール県庁前駅周辺で指名手配犯の写真や特徴などが描かれたチラシを配っていました。

沖縄は、暖かい気候などを理由に、潜伏場所に選ばれる傾向があるということで、1996年には、地下鉄サリン事件の実行犯である林泰男死刑囚が、石垣島で逮捕されています。県警では広く情報提供を呼びかけています。