2018年12月11日

玉城知事あす上京へ

国の辺野古への土砂投入が14日に迫る中、玉城知事は15日に上京します。最後の最後まで、沖縄の民意を国に直接届けたいとしています。 玉城知事は県議会で「12日から上京する日程を立てておりますけれども、官邸、官房長官、...続きを見る

窓落下から1年で普天間第二小校長が会見

子どもたちが学ぶグラウンドに、ヘリの窓が落ちた普天間第二小学校。13日であの事故から1年です。 2017年12月13日、米軍の輸送ヘリCH53の窓がグラウンドに落下した宜野湾市の普天間第二小学校。事故のあと、グラウ...続きを見る

知事 官邸など訪問する方向で調整

新基地建設に向けて14日にも行われるとみられる辺野古沖での土砂投入を前に玉城知事は12日以降、官邸や防衛省などを訪問してあらためて、工事の中止を求めることを明らかにしました。 これは11日の県議会で、玉城知事が述べ...続きを見る

名誉棄損裁判1審判決 安慶田元副知事敗訴

教員採用試験での口利き疑惑を巡って名誉を傷つけられたとして元副知事と元教育長が争っていた裁判で、11日、那覇地方裁判所は、元副知事全面敗訴の判決を言い渡しました。 裁判では2015年度の教員採用試験での口利き疑惑を...続きを見る

2018年12月10日

お母さんたちの東京要請 緑ヶ丘 落下物から一年

さて、12月7日、宜野湾市・緑ヶ丘保育園の保護者らが、アメリカ軍ヘリの落下物が見つかってから1年になるのに合わせ行った政府要請。「子どもたちのために、諦めない」チーム緑ヶ丘のお母さんたちに密着しました。 ...続きを見る

普天間の運用停止求める県民大会の開催を提案

普天間基地の5年以内の運用停止期限まであと70日。県議会では県民大会の開催を求める意見が上がり、県も歓迎する意向を示しました。 県議会の一般質問では共産党の西銘純恵議員から普天間基地の5年以内の運用停止を求める県民...続きを見る

2018年12月8日

川崎ジェット機墜落事故 小学校で平和集会

57年前、うるま市具志川の川崎地区にアメリカ軍のジェット機が墜落した事故の記憶を語り継ごうと、現場近くの小学校で7日に平和集会が開かれました。 1961年12月7日に起きた、アメリカ軍ジェット機の墜落事故ではうるま...続きを見る

2018年12月7日

子どもの命を守りたい チーム緑ヶ丘の戦い 緑ヶ丘保育園 落下物事件

宜野湾市緑ヶ丘保育園にアメリカ軍ヘリからの落下物と思われるものが見つかってから7日で1年。お母さんたちの姿は再び東京にありました。それまで普通に生活してきた保護者たちがこの1年間戦ってきた思いは。 2018年1...続きを見る

辺野古大浦湾に土砂積んだ船到着

辺野古大浦湾に、埋め立てに使う土砂を満載した船が到着しました。 玉城知事は、作業を止めるよう、来週にも上京して政府に訴える考えですが、岩屋防衛大臣は14日の土砂投入予定に変更はないという強気の姿勢です。...続きを見る

土砂を積み込んだ船 辺野古海域へ

新基地建設のため、名護市安和の民間企業の桟橋で土砂を積み込んだ船が7日朝、辺野古の海域に入りました。 7日朝、岩屋防衛大臣は、新基地建設の埋め立てに使用する土砂を積み込んだ船を6日のうちに名護湾から移動させ辺野古の...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.