2017年6月22日

不発弾等対策協議会 2016年度は27トンを処理

沖縄戦による不発弾の調査や発掘、処理などの計画を検討する協議会が開かれました。21日に報告された処理実績によりますと、2016年度は612件・27トンの不発弾が処理され、前の年度に比べて6トン増加したということです。 このうち...続きを見る

2017年6月21日

山城博治さん国連から戻り報告会見

基地建設に対する抗議行動をめぐって逮捕され、不当に長期勾留されたと国連の人権理事会に訴えた平和運動センター議長、山城博治被告が報告会見を開きました。 山城議長は会見で、国連人権理事会での活動について報告し、5カ月もの長期勾留や...続きを見る

海で石を洗う場面 防衛省は「ミス」認める

5月にQABが辺野古で撮影した、護岸工事に使う石の汚れを海で洗うような作業について、国会で追及を受けた防衛省がミスを認めました。 久田友也記者報告「今また石材を詰めた袋を一度水面に浸して、洗浄するような動きを見せています」新基...続きを見る

外来機配備後に嘉手納の騒音激化

ことし5月、アメリカ軍のF16戦闘機が嘉手納基地に暫定配備されて以降、地元で騒音の発生回数が急増していることが分かりました。 嘉手納町の調べによりますと、嘉手納基地に暫定配備されたF16戦闘機12機が訓練を開始して以降の1カ月...続きを見る

2017年6月20日

県議会開会、差止訴訟議案提出 大田元知事県民葬は

県議会が6月20日開会し、県は辺野古の新基地建設工事の差止訴訟を起こす議案を提出しました。 県議会の冒頭、6月12日に亡くなった大田昌秀元知事に全員で黙とうを捧げました。 県議会で翁長雄志知事は「沖縄防衛局は県の再三の行政指導...続きを見る

6月定例県議会開会、知事岩礁破砕行為差し止め提起

6月定例県議会が6月20日に開会し、県は、辺野古での新基地建設工事の差し止め訴訟を起こす議案を提出しました。 県議会の冒頭では、今月12日に亡くなった大田昌秀元知事の冥福を祈り、全員で黙とうを捧げました。翁長知事は「沖縄防衛局...続きを見る

2017年6月19日

県 差止訴訟に向け県議に説明

20日から始まる県議会本会議を前に、県は19日、辺野古をめぐる差止訴訟のための補正予算案について、提案理由を議員に説明しました。 謝花喜一郎知事公室長は、「沖縄防衛局は、県の再三の行政指導にも応じず、普天間飛行場代替施設建設事...続きを見る

那覇市議選に向け選管が投票入場券発送

7月9日に迫った那覇市議会議員選挙。那覇市選挙管理委員会は19日、投票入場券を発送しましました。那覇市選管の古謝秀和副参事は、「より良い暮らし、社会参加づくりのため、ぜひ有権者の皆様には投票所に足を運んでいただきたい」と話して...続きを見る

2017年6月15日

総合教育会議 大綱を見直し

21世紀ビジョンの改定に伴って、県の教育目標などを定める教育大綱について話し合う、総合教育会議が15日、県庁で開かれました。 会議には、翁長知事をはじめ県の教育委員や各部署の担当者らが出席しました。 改定された21世紀ビジョン...続きを見る

2017年6月14日

嘉手納基地パラシュート訓練「天候不良」で中止

アメリカ軍が14日夜の実施を予告していた、嘉手納基地でのパラシュート降下訓練は、「天候不良」を理由に中止となりました。もし嘉手納基地で実施されていれば、3カ月連続でした。 嘉手納基地でのパラシュート降下訓練は、4月24日に6年...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.