2018年6月22日

知事選 投開票日は11月18日

12月9日に任期満了を迎える県知事選挙の日程が決まりました。 任期満了に伴う県知事選挙について、県選挙管理員会はきょうの会合で、11月1日告示、18日投開票とすることを決めました。 また、同日に、それぞれ1議席が欠員となってい...続きを見る

2018年6月21日

避難解除に向けたアンケート調査へ 普天間第二小

アメリカ軍ヘリの窓が落下した事故以降続く避難態勢の解除を見据え、アンケート調査が実施されることになりました。 宜野湾市の普天間第二小学校では、ヘリの窓が落下した2017年12月の事故以降、アメリカ軍機が敷地上空に接近するたびに...続きを見る

沖縄防衛局 文書あるのに「不開示」に

読谷村内にある返還軍用地の土壌調査報告書について、沖縄防衛局は文書が存在していたにもかかわらず、一時、開示していなかったことがわかりました。 沖縄防衛局などによりますと、2016年に読谷村内に住む女性が情報公開法に基づき、楚辺...続きを見る

土砂投入阻止へ 8月11日に「県民大会」開催

名護市辺野古の新基地建設予定地への土砂投入阻止を訴える県民大会が、8月11日に開催されることが決まりました。 沖縄防衛局は、先週、沖縄県に対し、8月17日から辺野古への土砂投入を始めると通知しました。これを受け、「オール沖縄会...続きを見る

知事「アジア情勢は日本政府が先に説明すべき」

県議会は21日から一般質問が始まり、米朝首脳会談が辺野古の新基地建設などに与える影響について、翁長知事が答弁しました。 21日から始まった一般質問で、自民党の山川典二議員は、朝鮮半島の緊張緩和が沖縄の基地問題に与える影響につい...続きを見る

2018年6月20日

辺野古に未確認の大型サンゴか

新基地建設が進む辺野古の海の南側で、沖縄防衛局が未確認としていた大型サンゴが存在する可能性があることが分かりました。 この写真は、朝日新聞が、新基地建設の現場上空、飛行が認められた高度から撮影したものです。比較的浅いところに、...続きを見る

翁長知事「日本政府だけが辺野古に固執」

北朝鮮情勢が緊張緩和に向けて動き出したことに関し、翁長知事は、日本政府だけが辺野古新基地建設に固執していると疑問を呈しました。 20日の代表質問で会派おきなわの赤嶺昇議員は、朝鮮半島の緊張緩和を機に、沖縄のアメリカ軍基地の整理...続きを見る

2018年6月19日

辺野古 サンゴの半数以上を移植申請

名護市辺野古への新基地建設をめぐり、沖縄防衛局は19日に移植が必要なサンゴの半数以上となるおよそ3万8000群体の移植を県に申請しました。 沖縄防衛局は埋め立て予定区域と周辺の海底を5%以上覆う密度で生息するサンゴ、およそ7万...続きを見る

県議会代表質問、知事再選出馬明言せず

6月県議会は19日から代表質問が始まり、2期目の出馬について問われた翁長知事は、明言を避けました。 これは自民党会派の島袋大議員が質問したものです。翁長知事は「一日一日公務を着実にこなしていき、県民からの私に対する負託に応えた...続きを見る

2018年6月18日

嘉手納町議会 米軍司令官の面会拒否に抗議

嘉手納基地の司令官が抗議の面会を拒否していることに対し、嘉手納町議会は、改善を求める意見書を全会一致で可決しました。 嘉手納町議会當山均基地対策特別委員長「町民の意向などお構いなしに軍事訓練を優先する日米両政府に対する怒りは頂...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.