2017年8月11日 18時30分

強打 智弁和歌山と対戦 興南 初戦で熱闘

強打 智弁和歌山と対戦 興南 初戦で熱闘

県代表の興南の初戦、強豪智弁和歌山と対戦です。

興南、先発は大会注目の左腕1年生の宮城大弥。

宮城大弥選手「気持ちでは負けないということを意識してマウンドにあがっていきたいです」

宮城は初回、三者凡退の上々の立ち上がりをみせます。

試合が動いたのは3回、興南の攻撃。この回先頭バッターは宮城。

チーム初ヒットで出塁すると続く9番・金城が送りバント。この後一人倒れ、2アウトになりましたが、ここから智弁の先発・北が崩れ、三者連続フォアボール。宮城がホームを踏み、興南、押し出しで先制すると、ここから打線に火が付きます。

続く、川満大翔、さらに嘉数尊が2点タイムリー!

嘉数尊の父・喬さん「すごいですね、感動しました、まだ途中なんですけどすごいです。興南頑張れ!」

4対0と引き離すと、さらにさらに、7番キャッチャーの渡辺建貴。この回一挙6点を挙げ、興南、試合の主導権を握ったかに思えました。

ところが、強打智弁和歌山は4回に2点を加え、さらに迎えた5回で3番・林の2ランホームランで6対4、2点差に詰め寄られるとピッチャー宮城に代えて上原をマウンドに送りますが…。智弁、7番の冨田。この回、打者2人の2本ホームランで6対6と追いつかれ、試合は振り出しに戻ります。

6回表、三者連続フォアボールでピンチを招いた興南。マウンドには3人目、エース・川満大翔。

川満大翔選手「自分の(エースとしての)責任もあるので、それを全うしたい」

しかしこの回、逆転を許します。

この後、反撃に転じたい興南でしたが、智弁和歌山の守りの前に初戦で涙を呑みました。

福元信馬主将「1つひとつのプレーで歓声・応援が味わえて最高でした。次の世代では全国で勝てるようなチームを目指して頑張ってもらいたい」

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.