2016年12月14日

【解説】規制され、現場近づけず

ここからは未明から先ほどまで、事故現場で取材にあたった沼尻アナウンサーに入ってもらいます沼尻さん、現場の状況はどうだったんでしょうか。 沼尻「まず私たちがオスプレイ不時着の一報を受け現場に着いたのが午前3時頃でした」 ...続きを見る

オスプレイが名護市に不時着

ニュースQプラスです。国内で初めての重大事故。恐れていた事態が現実のものになりました。 アメリカ海兵隊の輸送機オスプレイが、13日夜、名護市東海岸のリーフに不時着を試みましたが大破し、乗員2人がけがをしました。現場を確認します。事故現場はこちらで...続きを見る

四軍調整官が会見・安慶田抗議後

一方、その在沖アメリカ軍のトップ、ニコルソン四軍調整官がパイロットを称賛する発言をして波紋を広げています。 ニコルソン四軍調整官は「今回の若いパイロットを誇りに思う。彼は昨夜素晴らしい決断をしました。疑いようもなく、彼の行動は多くの命を救いました。沖...続きを見る

なんと同じ日に胴体着陸も

一方、昨夜から未明にかけて、普天間基地でも別のオスプレイが胴体着陸をしていたことが分かりました。その直後の様子をQABのカメラが捉えていました。 こちらは14日午前3時頃の普天間基地の映像です。 一機のオスプレイの横に、赤色灯を回した車両や制服...続きを見る

現場から中継

事故現場となった名護市安部の海岸には大矢記者がいます。大矢さん。 事故からまる1日がたとうとしています、安部の海岸に来ています。すっかり日が落ちて、周囲は暗闇に包まれていますが、この海岸から直線距離で600mほどいった地点に、今も、残骸と化したオスプ...続きを見る

それぞれの反応

オスプレイ事故を受けて、知事、市長、県民の声などをお聞きいただきます。 翁長知事は「もう、本当にとんでもない出来事ですよ。法治国家ではないですね。防衛局長、沖縄大使呼んでありますので、強く県民の気持ちを申し上げたいと思います」と話していました。 ...続きを見る

翁長知事 会見

事故を受けて、翁長知事も会見を開きました。知事は、ニコルソン四軍調整官の対応についてこのように答えました。 翁長知事は「米軍の考え方と県民感情は大きな違いがあるなと、ある意味でそういう考え方の場合は県民の考え方、あるいは、場合によっては日本政府の考え...続きを見る

オスプレイが名護市に不時着、機体大破

国内で初めての重大事故です。アメリカ海兵隊の輸送機オスプレイが13日夜、名護市の東海岸のリーフに不時着を試み、大破しました。乗員2人がけがをした模様です。 防衛省などに入った情報によりますと、13日夜9時30分ごろ、アメリカ海兵隊普天間基地所属の...続きを見る

オスプレイ不時着で知事 県民の声

オスプレイ不時着を受けた知事、名護市長、県民の声です。 翁長知事は「もう、本当にとんでもない出来事ですよ。法治国家ではないですね。防衛局長、沖縄大使を呼んでいますので、強く県民の気持ちを申し上げたいと思います」と話していました。 名護市長は...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.