2016年8月18日

つながる × 自立支援 “やりたいこと”を実現するために

今回は先月、行われた障害者の自立とは何かを考える学習会を通して参加者が何を学び、何を感じたのか、そして障害者が自立するために社会がどう向き合えばよいのかを考えます。 先月、北中城村で行われた「自立生活塾」。これは、障害がある人たちの自立生...続きを見る

ビールの輸出量6年連続過去最高に

県内から海外に輸出されるビールの量が6年連続過去最高を更新しました。 沖縄地区税関によりますと2015年、県内から輸出されたビールは2489キロリットル、金額で3億8100万円だったことがわかりました。量でみると、前の年より41.5%増加していて、6...続きを見る

「ひまりちゃんを救う会」へ寄付金

支援の輪が広がっています。重い心臓病のため、アメリカでの移植手術が必要とされる森川陽茉莉ちゃん(1歳7ヶ月)を救おうと、沖縄銀行グループが18日、寄付金50万円を贈りました。 ひまりちゃんは、生後2か月の時に「拡張型心筋症」と診断され、現在は人工...続きを見る

めざせ未来の科学者!

沖縄から未来の科学者を輩出しようと、中・高校生を対象に養成講座が開かれています。 これは県の子供科学人材育成事業の1つで、2015年度から実施されています。琉球大学で開かれた講座「ドローンを飛ばそう」には、県内の中学生19人が参加しました。 ...続きを見る

県内多くの地域で17日ウークイ

旧盆で迎えたご先祖様をあの世へとお見送りする「ウークイ」。県内多くの地域では17日夜、家族で集う光景が見られました。 このうち名護市の屋比久さん宅では、午後8時ごろから仏壇の前に家族が集まり、供え物の花やあの世のお金「ウチカビ」を燃やし、「無...続きを見る

伊良部のウークイ「フニウガマピスウ」

17日、宮古島市の伊良部島では子どもたちにお供えを配るという独特のウークイ行事が行われました。 伊良部島の南区では17日、家族そろって仏壇に手を合わせカビジンを焼いてご先祖を送るという一般的によくみられるウークイが行われたあと女性たちが果...続きを見る

タイムス読者投稿「私の一点」初の写真展

新聞読者が投稿する人気の写真コーナーの初の展示会が、16日から那覇市で開かれています。 これは沖縄タイムスの読者投稿の写真企画「私の一点」に掲載された作品を集めたもので、およそ90点が展示されています。 生まれたばかりの赤ちゃんと、母親...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.