10 / 20« 先頭...91011...20...最後 »

2015年6月16日

県議会与党会派が土砂条例を提案

県議会の6月定例会が6月16日開会しました。、知事提案の議案に加え、与党会派からは、埋め立て事業の際、県外からの土砂の持ち込みを制限する条例案が提案されました。 今回の議会では、知事から提案される17の議案のほか、辺野古の新基地建設などの埋め立て事業...続きを見る

碇石本物なら適切に対処すると明言 中谷防衛大臣

名護市辺野古の海岸で見つかった石を、6月15日に専門家が文化財の「碇石」だとの見解を示したことについて中谷防衛大臣は、「法令に従い対処する」とコメントしました。 会見で中谷防衛大臣は「文化財としての認定は、県や市の教育委員会による所要の調査結果を待つ...続きを見る

石川文洋写真展「軍隊あるから戦争起こる」

ベトナム戦争を取材した県出身の報道カメラマン石川文洋さんの写真展が、タイムスギャラリーで6月16日から開かれています。 会場には、ベトナム戦争が激しさを増した1965年からの4年間で、石川さんが軍に同行して撮影した写真のほか、今回新たに辺野古で撮影された...続きを見る

麻薬撲滅に向けた会議

麻薬を取り締まる九州地区の関係機関が集まり、各地の取り締まり状況などを確認する会議が6月15日、宜野湾市で開かれました。 この中で、厚労省の麻薬対策課渕丘学課長補佐は、危険ドラッグを扱う店舗が全国的に減っている事に触れ、「対策の強化で店舗数は減少している...続きを見る

県議会6月定例会始まる

県議会の6月定例会が始まりました。知事提案の議案に加え、与党会派からは、埋め立て事業の際の土砂の持ち込みを制限する条例案が提案されました。 今回の議会では、知事から提案される17の議案のほかに、辺野古の新基地建設などの埋め立て事業で、有害な外来生...続きを見る

浦添市で戦争体験者の聞き取り

戦争体験を次の世代に語り継ごうと、浦添市内の公民館で15日に戦争体験者からの聞き取りが行われました。 聞き取りは、戦後70年に合わせた平和講座の一環として中央公民館が企画したもので、15日は仲間自治会に体験者とその家族らが集まりました。 戦...続きを見る

自転車盗難防止に向けて

生徒の防犯意識を高めようと16日、辺土名高校にワイヤーロックがプレゼントされました。 これは、県内で自転車の盗難などが増加していることから、盗まれない環境も作ろうと企画されたもので、國吉名護署長から辺土名高校の生徒にワイヤーロック24本が贈られま...続きを見る

2015年6月15日

めざせ甲子園!(11) 糸満高校 野球できる喜びを胸に

めざせ甲子園です。いよいよ開幕が今週末に迫って来ました!きょうは第2シード、糸満高校です。チームはセンバツ大会での悔しさ、そして野球ができる喜びを胸に夏を目指しています。 今年3月、学校史上初のセンバツ大会出場を果たした糸満高校。校歌を歌うこ...続きを見る

県内でも子宮頸がんワクチンで健康被害

副作用を訴える高校生の保護者は「病気1つしない元気な子だったんですけどいろんな症状が出てきて」「どんどん症状が悪化して学校いっても手が動かない足が動かない気を失って意識消失担架で運ばれることがしょっちゅうあって」と話します。 これは子宮頸がんワクチンの接...続きを見る

情報流出後初の年金支給日で詐欺警戒

日本年金機構から125万件もの個人情報が流出してはじめての年金支給日となる15日、金融機関では詐欺への警戒を呼びかけています。 浦添市にある沖縄銀行内間支店には午前9時前から、年金受給者が訪れ年金の振り込み状況を確認していました。 また、警察官...続きを見る


10 / 20« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.