15-06-09-03

41年にわたり、県内外で活躍している画家の桑江良健さんの絵画展が那覇市で開かれています。

この絵画展は戦後、米軍の統治下などで、県民のために力を注いだリーダーたちの存在を絵を通して多くの人に知ってもらおうと企画されました。

絵画展では、歴代の県知事や文化人などをモチーフにした油絵41点が紹介されています。

中でも桑江さんにとって思い入れがある作品が政治家・瀬長亀次郎の絵です。1956年、刑務所から出所した当時の様子を描いた絵は、制圧に対して抵抗する姿を勇ましく表現しています桑江良健絵画展は、14日まで開かれます。