2014年7月1日 11時43分

県議会 集団的自衛権慎重審議求める意見書可決

政府が7月1日にも閣議決定する憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認を巡り県議会は6月30日、慎重な審議を求める意見書を賛成多数で可決しました。

30日、県議会では、野党会派から集団的自衛権の行使容認を巡る憲法の解釈変更の慎重審議を求める意見書が緊急動議され、賛成多数で可決されました。

意見書では、集団的自衛権が行使されれば、他国の戦争に巻き込まれる危険性が生じると指摘。国民的な議論なく強引に進める安倍政権に強く抗議するとしています。

政府は1日夕方にも憲法解釈の変更を閣議決定する方針です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.