2014年4月22日

検証動かぬ基地 vol.132 新基地建設 揺さぶられる辺野古

知事の埋め立て承認後、政府が名護市辺野古への新基地建設への動きを加速させています。来月には新基地建設に向けた調査などが始まるとの見方もある中で、辺野古区では先週住民たちの大きな動きがありました。 辺野古の海でささげられるのは、この海を守ろうと闘い続け、志...続きを見る

文科省「法改正しても八重山は一本化すべき」

竹富町教育員会が政府の改正案にのっとり単独での教科書採択の方針を示していることに、文科省は法律の改正があっても竹富町は石垣・与那国と必ず1本化すべきだと県教育委員会が竹富へ指導するよう改めて強く求めました。 文科省の前川喜平教育局長は「採択地区の...続きを見る

宜野座漁協にも意見書求める

基地建設に伴い埋め立てが予定されている辺野古の海域と隣合わせの宜野座村の漁協に対し先週沖縄防衛局が意見書を出すよう求めていたことがわかりました。 宜野座漁協では21日臨時会議を開きました。意見書は沖縄防衛局が県に提出している岩礁破砕許可申請の添付書類...続きを見る

名護市 質問状送り法的根拠質す

一名護市の稲嶺市長は沖縄防衛局が漁港施設の使用許可申請などを出したのを受けて防衛局に質問状を出しました。 沖縄防衛局は5月11日、工事の際に作業ヤードとして使う辺野古漁港の使用許可など6項目を名護市などに申請しています。 市では、防衛局側が...続きを見る

全国小中学校学力テスト実施

小学6年生と中学3年生を対象にした全国一斉の学力テストが行われ、県内でもおよそ3万2000人がテストに挑みました。 文部科学省が全国一斉に行っている学力テストには県内でもおよそ400校3万2000人あまりの児童生徒が臨みました。 テスト結果...続きを見る

ランチタイムに出前コンサート

ランチタイム。県庁ロビーがコンサート会場と早変わりしました。真剣な面持ちで演奏しているのは、県立芸術大学音楽部の学生。 教育を通して地域の活性化を目指そうという創立25周年プロジェクトの一環でこのコンサートを開きました。その1回目が県庁での「おきげい...続きを見る

郵政記念日で永年勤続表彰

4月20日の郵政記念日に合わせ日本郵政グループは永年功績のあった社員を表彰しました。「郵政記念日」は、明治4年、1871年4月20日に東京と大阪の間で新たな郵便制度が始まったことを記念して制定されたものです。 日本郵政グループではこの日に合わせて...続きを見る

名護市 質問状送り法的根拠質す

辺野古への基地建設に絡み沖縄防衛局が名護市に漁港施設の使用許可などを申請したことを受けて、稲嶺市長は22日午後にも防衛局に対し質問状を送ることにしました。 沖縄防衛局は今月11日、工事の際に作業ヤードとして使う辺野古漁港の使用許可など6項...続きを見る

子ども達のこいのぼりも元気に泳ぐ

もうすぐ子どもの日。こどもたちの健やかな成長を願って22日浦添市でこいのぼりの掲揚式が行なわれました。 22日の掲揚式には浦添市内の保育園や子育て支援センターから700人余りの子どもたちが参加。みんなで元気に「こいのぼり」の歌をうたいながら力...続きを見る

「4.28ってなあに?」出版会見

サンフランシスコ講和条約が発効され、沖縄が本土と切り離された4月28日を政府が主権回復の日と定め式典を開いてから1年になるのを前に、この問題を改めて考える資料集が出版されました。 資料集を出したのは去年、政府に抗議し「屈辱の日」沖縄大会を開いた実行委...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.