2013年2月25日

THEスポーツ プロ野球オープン戦 県勢選手は

プロ野球春季キャンプの仕上がり具合を見るオープン戦が土曜、日曜の二日間、県内で10試合が行われ、開幕を前にセ・パ激突など、見応えたっぷりのカードにプロ野球ファンが盛り上がりました。巨人宮国投手など、県勢選手の活躍を中心にお伝えします。 観客「わくわくドキ...続きを見る

県漁連 日台漁業協議に意向反映を

28日に予定されている日本と台湾の漁業協議の予備協議が日本側に不利に働く可能性があるとされることを警戒しての行動でした。 市町村の漁協でつくる県漁業協同組合連合会の代表らは25日、政府などに対し日本と台湾の漁業協議に県の漁業関係者の意向を十分...続きを見る

辺野古埋め立て問題 名護漁協への同意申請の動きは

普天間基地の辺野古移設計画で政府は3月にも埋め立て申請を行う方針です。埋め立てが予定されている辺野古地域の漁業権を持つ名護漁業協同組合には今のところ沖縄防衛局から正式な同意への求めはないということです。 古波蔵広名護漁協組合長は「来月、3月いっぱ...続きを見る

宜野座村城原区 訓練激化 1ヶ月で4回目の抗議

宜野座村城原区の住民が25日防衛局を訪れ、オスプレイの訓練中止などを求めました。村議会の抗議決議提出も含め、この1ヵ月で4回目です。 25日午後沖縄防衛局を訪れたのは、宜野座村城原区の住民代表です。再三の抗議にもかかわらず21日の夜にも再び集落上空で...続きを見る

農作業通し 地域との絆を

過去に補導された経験を持つ子ども達に健全な居場所を作ろうと警察とPTAなどが連携して子ども達と農業体験を行いました。 これは農作業を通して地域の大人や仲間との絆を作ろうと那覇署が実施したもので那覇市内の中学生10人が参加しました。 生徒たち...続きを見る

あの世の正月十六日

きょうは、旧暦の1月16日。あの世の正月、十六日です。三重城では帰省できなかった人たちが海の向こうの故郷に向かって手を合わせていました。 十六日は、あの世の正月のことで本島北部や離島などでは、親戚同士が集まりお墓参りをする習慣があります。那覇市の三重...続きを見る

経済同友会 沖縄平和賞に寄付金

国際平和に貢献する個人や団体に贈られる沖縄平和賞に25日経済同友会から県へ寄付金が贈られました。 経済同友会では2003年から毎年沖縄平和賞に寄付をしていて230人の会員から募った10万円と、台北駐日経済文化代表所那覇分所からの10万円合わせて2...続きを見る

県漁連 日台漁業協議前に要請へ

市町村の漁協でつくる県漁業協同組合連合会の代表らは日本と台湾の漁業協議に県の漁業関係者の意向を十分反映するよう、政府に要請するため25日、上京しました。 要請に向かったのは県漁協連合会の代表ら13人です。県魚連では20日に緊急集会を開き、安全安心...続きを見る

那覇市議会代表質問 市長「基地問題もっと本土に」

新庁舎で初めて開催されている那覇市の2月定例議会は、25日から代表質問が行われ、本格的な論戦が始まりました。 最初に質問に立った自民・無所属・改革の会の唐真弘安議員は、普天間基地の県内移設やオスプレイの配備反対を訴えた、東京での要請行動などについて市...続きを見る

国公立大二次試験スタート 琉大前期の倍率は3.4%

国公立大学二次試験の前期日程が25日から全国158の大学で一斉に始まりました。 このうち西原町の琉球大学では、一時限目の英語の試験に受験生が臨みました琉球大学では2013年、前期の募集人数1066人に対し、3613人が志願していて、倍率は3....続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.