2012年6月14日 18時30分

アメリカフロリダ州 今度は米空軍オスプレイ墜落

今度は空軍のオスプレイが墜落しました。アメリカ空軍の新型輸送機オスプレイCV22が訓練中に墜落しました。

地元メディアによりますと、アメリカ・フロリダ州で現地時間の13日午後6時45分ごろ、訓練飛行中の新型輸送機オスプレイCV22が墜落事故を起こしました。機体には5人が乗っていて、全員が病院に運ばれましたが、安否はわかっていません。墜落の原因については、現在調査中ということです。

オスプレイについては、今回事故を起こしたCV22と別の型のMV22が沖縄県の普天間基地に配備される予定です。

4月にもモロッコでMV22が、死傷者を出す事故を起こしたばかりで、相次ぐ事故に反発の声が強まっています。

佐喜真淳宜野湾市長は「墜落事故と私は聞いております。仮にそういうものが普天間飛行場に配備されるような計画があるのであれば遺憾であるし、そこは断固として阻止していきたい」と話します。

普天間基地へのオスプレイ配備に反対する市民団体らが14日から、普天間基地周辺で座り込みの抗議行動を開始しました。

座り込みの抗議行動は普天間基地の大山ゲート前で行なわれ、初日の14日は普天間爆音訴訟団の原告らおよそ20人が参加しています。

訴訟団の島田善次団長はオスプレイがフロリダ州で墜落事故を起こしたことに対し「安全でないものを安全といっている。これ(墜落)は我々にとって何よりも証明だ。我々が安全でないといってることの。そういう危険なものを危険な飛行場に持ってくるということだから、まさにこんなことは許されない!」と日米両政府に対し激しく抗議しました。

親子連れは「墜落の恐さもあるし、落下物とか恐いです。(この子が)お昼寝とかしてて落ちてきたら守れるかなって、いつも恐いです」と話しました。

配備反対の座り込みは14日から3日間実施する予定です。

また、13日の報告書について、知事は言葉を選びながら「それは(報告書の内容を)確認しましょう。僕まだ読んでいない。事務方が一生懸命(見ている)。結構、中身がテクニカルなことが書いてあるので」と述べました。

当山嘉手納町長は「確実の墜落の危険と騒音被害の増加は見込まれますので、オスプレイの県内の運用については絶対に容認できない」と話しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.