10 / 23« 先頭...91011...20...最後 »

2011年5月19日

起工式 新県立宮古病院 開院は2013年

老朽化などの理由で建て替えられることになった県立宮古病院の新施設の起工式が19日に行われました。 新施設の建設場所となる旧宮古農林高校のグラウンド跡地で行われた起工式には、県や宮古島市などの関係者が出席。与世田副知事や宮古病院の安谷屋院長らが鍬入...続きを見る

生活保護に関する相談ホットライン

生活に困っている人たちの生活保護の申請などの支援をしていこうと、19日に弁護士と司法書士などでつくる団体が相談会を開きました。 相談会は生活保護が必要な人たちの申請などの支援をしようと実施されたもので、弁護士や司法書士、社会福祉士などが相談窓口と...続きを見る

実証実験

レンタカーというと観光客向けというイメージですが、たまに利用すると車種も豊富で便利なものです。そのレンタカーの中でも電気自動車などの低公害車を県民が活用し、将来的には渋滞緩和や二酸化炭素抑制をめざすという事業の実証実験が6月から始まります。 「...続きを見る

沖縄市嘉間良 レジ袋に入った不発弾見つかる

沖縄市の墓地でレジ袋に入った不発弾が2011年3月に発見され、5月24日に処理作業が行われます。 沖縄市役所などによりますと、2011年3月、草刈作業のため墓地に入った市民がレジ袋に入った不発弾を発見しました。 不発弾は、長...続きを見る

沖縄シャープ サンゴの苗140本を贈る

沖縄の美しい海を守ろうと、県内の家電メーカーが、読谷村などでサンゴの移植を手がける会社に5月18日、サンゴの苗を贈りました。 サンゴの苗を贈呈したのは沖縄シャープです。沖縄シャープは、2010年5月から6月の間、太陽光発電を設置した人の数...続きを見る

2011年5月18日

検証動かぬ基地 vol.97 迷走・普天間移設先をめぐる動き

動かぬ基地です。普天間基地の返還が合意されて15年。政府は名護市辺野古への代替施設の建設を推し進めようとしてきましたが、ここにきて事情が変わって来たようです。 迷走する普天間基地に移設問題。揺さぶられる沖縄の現状を取材しました。 ・・・・・...続きを見る

おじぃちゃんおばぁちゃんの命薬 お喋り大好き! 崎枝好さん(85歳)

おじぃおばぁの命薬~♪きょうは石垣市にあるこちらの「きいやま商店」から。 (こんにちは~)「はいいらっしゃいませどうぞ~!」 笑顔で迎えてくれたのは崎枝好さん(さきえだよし)85歳。朝6時から夜9時まで20年間毎日お店を守り続けて...続きを見る

追突しそのまま基地へ 米軍トラック当て逃げ

2011年5月2日、浦添市でアメリカ軍の大型トラックが乗用車に衝突する事故がありトラックはそのまま基地内に逃走しました。運転していたアメリカ兵は容疑を否認しています。 警察によりますと2日、浦添市の国道で、走行中の乗用車にアメリカ軍の大型トラック...続きを見る

東日本大震災 県 被災者支援策を見直し

県は、東日本大震災の被災者に対しての支援を今後も中長期的に行うことや岩手・宮城など3県に限定していた支援を7県に拡大することを18日に発表しました。 県では、これまでに岩手と宮城、福島と174世帯453人の被災者を受け入れていますが今後はこの3県...続きを見る

西表島のサンゴ 産卵の瞬間

毎年5月頃ともなると海の中では生命の神秘を見ることができます。八重山からサンゴの産卵の様子が届きました。 西表島の北にある無人島にむかって夕方、船を出します。2011年は海水温が低めで産卵も遅いかと心配されましたが、16日の水温は26度まであがり7時半頃...続きを見る


10 / 23« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.