2011年5月16日

泡盛マイスター入賞者が県に報告

泡盛マイスター大会で上位入賞したメンバーが16日に県庁を訪れ、入賞を報告しました。 入賞者の白坂まき子さんは「身近なお客様との会話から生まれる泡盛に対する興味、この辺に興味があるんだというのが良くわかるの。それをわかりやすく説明していって、泡盛に...続きを見る

本島地方 大雨で道路冠水など被害相次ぐ

沖縄本島付近にある低気圧の影響で16日は各地で大雨となり、道路の冠水や床下浸水などの被害が出ました。 沖縄本島中南部と北部の一部に16日午前、大雨洪水警報が発表され、午後2時までに那覇市樋川で1時間に62.5ミリの雨が観測されました。午後3時すぎ...続きを見る

復帰39年沖縄の現状は?

沖縄が日本に復帰して39年。5月15日は5・15平和行進と、県民の暮らしと命を守る県民大会が開かれました。県民が求めた基地のない沖縄や暮らしは。復帰39年の現状はどうなっているのでしょう。 100万人弱だった人口はおよそ40万人増え、道路や港湾な...続きを見る

5・15 平和行進に託す県民の思い

ことしの平和行進は、震災への配慮もあり開催日程は1日だけ、実行委員会による参加呼びかけも県内各団体のみで、全国的な呼びかけは実施されませんでした。しかし、当日、会場には市民から国会議員まで、続々と集まる参加者の姿がありました。 照屋寛徳議員「怒り...続きを見る

前原前外務大臣 名護市長に辺野古回帰を陳謝

前原誠司前外務大臣が16日、名護市で稲嶺進市長と会談し、普天間基地の移設先が辺野古に回帰したことについて陳謝しました。 冒頭、前原前外務大臣は「辺野古に案が戻ってしまっていることに対し、民主党の一人として、市長はじめ名護市の皆さん方に心からお詫び...続きを見る

4月入域観光客数 前年同月比で10万人の減少

4月に県内を訪れた観光客は、2010年の同じ月に比べて10万人以上、減少しました。 県のまとめによりますと、2011年4月に国内や海外から県内を訪れた観光客数は37万1500人で、2010年の同じ月に比べ10万400人下回りました。 減少比...続きを見る

人事部業務代行業の企業が沖縄進出

企業の人事業務を代行するアウトソーシングの国内最大手の企業が5月16日に開所セレモニーを行いました。この企業は、東京に本社を置くエイチアールワン株式会社で、沖縄センターは浦添市に設置されます。 エイチアールワンは、企業の人事部が行う従業員の給与や...続きを見る

ハンセン病市民学会プレイベント 回復者の前向きに生きる姿撮影

長年、ハンセン病回復者の姿を追い続けてきた写真家の展示会が、16日から名護市で始まりました。「輝いて生きる」と題された写真展は、20日から宮古や名護で開かれるハンセン病市民学会のプレイベントとして開催されています。 会場には、...続きを見る

省エネ対策 グリーンカーテンで涼しく

暑さや省エネ対策に役立ててもらおうと宮古島市で、15日グリーンカーテン作りが行われました。この講座は宮古島市のエコアイランド推進課が企画。 市民およそ10人が参加しました。講座では、植物を建物の外側や窓辺などにはわせ建物内の温度の上昇...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.