1 / 212

2010年4月6日

65年前のきょうは1945年4月6日

65年前のきょう4月6日。日本軍の特攻作戦「菊水作戦」が実行されました。若い命を乗せた特攻機が沖縄へ飛び立ったのです。 その日、大宜味村喜如嘉の人たちが見たのは炎上する軍艦、高い波しぶきでした。そして翌日、浜に一体の遺体が流れ着きました。 ...続きを見る

普天間移設問題 前県政「キーマン」に聞く

普天間基地の移設問題で揺れている現在の状況について、前の県政の政策のキーマン、比嘉良彦さんに聞きます。 98年、稲嶺県政が誕生した翌年に、比嘉さんは県政策参与に就任しました。そして、当時の稲嶺知事のブレーンとして、特に普天間基地の移設問題についてアドバイ...続きを見る

「普天間は県外へ」 東京で座り込みはじまる

普天間基地の県内移設に反対する住民らが6日、総理官邸前で集会を開くとともに、参議院議員会館の前で座り込みを開始しました。総理官邸前で集会を開いたのは普天間基地の県内移設に強く反対する読谷村議の知花昌一さんと彫刻家の金城実さんらおよそ10人です。 ...続きを見る

新聞をヨム(46)日 きょうから新聞週間

6日から新聞週間が始まります。 初日のきょう、4月6日は語呂あわせで新聞を「ヨム」日です。那覇市のパレットくもじ前では、活字離れが進んでいるといわれる若者を中心に、沖縄タイムスなど県内紙2紙300部を配布するキャンペーンが行われました。 ...続きを見る

「こども110番の家」 那覇市に1000カ所以上

子どもたちが誘拐など、危険な目にあったときに逃げ込んだり助けを求める事ができる「こども110番の家」の委嘱状の交付式が6日、那覇署で行われました。 この日は64か所に委嘱状が交付され、これで那覇署管内の「110番の家」は合わせて1000ヵ所を超...続きを見る

新電力とのバランスは 宮古島に「メガソーラー」実験施設

環境モデル都市を目指す宮古島市に新たな施設が作られます。太陽の光を電力に変える為の実証実験をする施設の起工式が6日に行われました。 「メガソーラー」と呼ばれるこの施設は沖縄電力が実用化に向けて研究をすすめるもので、資源エネルギー庁の事業の一つで...続きを見る

風雅な茶陶の世界

東京では桜が満開、季節は春です。本土では桜の下でのお茶席なども行われる頃ですが、その茶道具をつくる伝統工芸士・相馬正和さんの展示会が6日から始まりました。 今回で12回目となるこの茶陶展。陶芸家として37年、茶道家として20年の相馬さんが命を吹...続きを見る

紅型デザインコンテスト 入賞作品でかりゆしウェア

「紅型デザインコンテスト」入賞作品が、今年からかりゆしウェアとして製品化されました。 紅型の鮮やかな色と気品の漂うこのかりゆしウェアはりゅうぎんオリジナル。モデルのように胸を張り颯爽と歩くのは琉球銀行の若い行員達です。 6日に発表されたこ...続きを見る

平野官房長官 ヘリ部隊の徳之島移設伝達

普天間基地の移設を巡り平野官房長官は仲井真知事に対し海兵隊のヘリ部隊をまず鹿児島県の徳之島に移す考えを伝えていたことがわかりました。 これは複数の政府関係者が5日明らかにしたものです。政府関係者によりますと平野官房長官は1日に仲井真知事と会談し...続きを見る

特産品で交通安全PR

新学期を前に、子ども達を交通事故から守ろうと南城市では地元の特産品を使って交通安全を呼びかけるユニークなイベントがありました。 これは6日から始まった春の全国交通安全運動の一環です。南城市が利用したのは「もずく」食べやすいようにゼリーに...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.