新型コロナウイルスの感染拡大で疲弊する県内企業の経営や事業を助けようと設置された、「プロフェッショナル人材戦略拠点」の事業内容が、18日に発表されました。

この事業の愛称は「人材チャンプルー」。専門的な知識やノウハウを持つ人材を活用して県内企業の事業の再生や新規事業の開発などを行うもので、企業が求める人材を県産業振興公社がマッチングします。

全国で2015年から始まっていて、沖縄でも4月に開始しました。県産業振興公社では、事業の再生の際に必要な人材を首都圏から副業や兼業といった働き方で採用するとしています。


人材チャンプルー