本格的なマリンレジャーのシーズンを前に県警が募集した水難事故防止を呼びかけるポスターを制作し優秀賞に選ばれ生徒の表彰式が行われました。

県警では毎年、児童・生徒を対象に水難事故防止ポスターを募集し、2022年のテーマは「浮力の確保」で、今回、八重山地区で優秀作品に選ばれた生徒2人の表彰式が行われました。

優秀賞に選ばれたのは、石垣市立伊原間中学校1年の荒木舞花さんと銘苅百々花さんで、二人の絵には、大きな波がアクセントになっていて、水難事故を防ぐために浮き輪やライフジャケットの使用を呼びかける構図になっています。八重山署では、水難事故を未然に防げるようポスターなどを通じて呼びかけるということです。

水難事故防止ポスター優秀作品の表彰