南城市でも任期満了に伴う市長選挙が1月16日に告示され、現職と前職の2人が立候補しました。4年前と同じ顔ぶれでの選挙戦です。

立候補したのは、届け出順に、無所属で現職の瑞慶覧長敏さんと、無所属で前南城市長の古謝景春さんの2人です。

瑞慶覧長敏候補「福祉なくして街はなし、これが瑞慶覧長敏が目指す街づくりです」

古謝景春候補「子ども達と地域が元気になれるその仕組み作りを頑張りたいと思っている」

前回と同じ顔ぶれで一騎打ちとなった南城市長選挙では新型コロナ対策や街づくり、子育て環境をめぐる政策などを中心に論戦が繰り広げられるとみられています。

投開票日は1月23日です。

南城市長選告示 現職と前職が一騎打ち